出席できない場合 | お祝い事で祝福を伝えるために電報を贈ろう
贈り物のここだけ情報

出席できない場合

一部が読まれる

結婚式の会場に送られた電報は、結婚披露宴で司会者や新郎新婦の関係者などによって、一部の電報が会場で読み上げられます。
もし結婚式に参加することができなくても、電報を通して会場で祝福の気持ちを伝えることが可能といえます。
昔は電話で申し込む必要があった電報も、今ではインターネットを利用して簡単に申し込むことができるようになっています。
また、スマートフォンの普及にともなって、どこにいてもインターネットを接続することができるようになったので、急に結婚式に行けない事態になっても早急に電報を申し込むことができます。
インターネットで申し込むことができる電報もかなりの種類があります。
メッセージのみを記入しているカードタイプのものを始めとして、ぬいぐるみやプリザーブドフラワーなどが一緒になった電報もあります。

シンプルにする

結婚式に贈る場合、メッセージはあまり長文にすることなく、短文でシンプルな文面にすると良いでしょう。
結婚のお祝いを述べたメッセージに加えて、結婚式に参加できない残念な気持ちも一緒に添えると好印象になります。
この時、欠席の理由を入れる必要はないので、必要な情報を簡潔に入れることが重要です。
文の構成としては出席出来なくて残念な気持ちを述べた後に、祝福のメッセージを入れるのが良いでしょう。
もしどのような文章を書けば良いのかわからないというのであれば、ネットで多くの文例を検索できるので、引用して使うと良いでしょう。