いつ贈るのか | お祝い事で祝福を伝えるために電報を贈ろう
贈り物のここだけ情報

いつ贈るのか

サービスを利用

結婚式の電報を送る場合には、電報サービスを利用するのも良いでしょう。
最近ではネットでも結婚式の披露宴時間に合わせて電報の到着時間を選ぶことが可能です。
サービスを利用する業者によって若干時間には差がありますが、ほとんどの場合は前日までに申し込んでおけば時間対応してくれます。
もし遠方から送るのであれば、なるべく早い段階で申し込んでおくことが大切です。
特に沖縄や北海道などの場合は送料も高くなることが多いので、事前に確認しておくことが大切です。
結婚式の披露宴の開始前に祝電の確認は行なわれるので、できるだけ披露宴の前には届くようにしておくことがポイントです。
披露宴の前に到着させることによって、披露宴中に電報を呼んで貰える可能性が高くなります。

前もって行う

もし、招待されていた結婚式に出席できないことが前もって分かっているのであれば、早めに電報を申し込んでおくと良いでしょう。
最近ではネットを利用して、結婚式の1ヶ月前には電報を申し込むことができます。
大切な人の結婚式であれば急に慌てて電報を送るのが遅れることがないように、しっかりと手配を進めておくことが肝心です。
また、早めに申し込むことによって割引を受けることができるサービスを行っているところもあります。
あまりにも配達日を早すぎると、結婚式会場が電報の保管に困ってしまうので、結婚式披露宴の3日前位に着日を設定しておくと良いです。
このように、電報1つ送るにしてもかなり多くのサービスがあるので、タイミングを考えて送ると良いでしょう。