書き方を知る | お祝い事で祝福を伝えるために電報を贈ろう
贈り物のここだけ情報

書き方を知る

連名で記入する

電報を送る際には、結婚式のマナーをわきまえてから記入しておくことが大切です。
特に、結婚式の場合であれば新郎新婦どちらか片方の友人であった場合でも、新郎新婦の連名で宛名を記入するのが良いとされています。
会社同僚で、新郎新婦のどちらかには面識が無いという場合であれば、一方の性のみで宛名を記入することも多くありますが、基本的には結婚という2人のイベントなので連名で記入するのが良いでしょう。
電報の宛先を書く場合、新郎新婦の自宅の住所を宛名にするのではなく、結婚式披露宴が行われる場所の住所を記入する必要があります。
この時に、会場名を間違えないように注意する必要があります。
結婚の披露宴会場によっては、同じ敷地内でも会場によって住所や場所の名前が異なる場合があるので事前に調べておくことが大切です。

祝電の書き方

電報の文章を書くときには、200文字程度で文章量をまとめておくことが大切です。
文章に特に決まりや規則はないとされていますが、常識の範囲内のマナーは抑えておくと良いでしょう。
祝電を書いた際には、必ず自分の名前は忘れないように注意しておくことが大切です。
結婚式の電報で記入する文章は、別れや再婚を意味するフレーズは入れないようにすることが大切です。
また、送る相手によっても言葉の使い回しを上手く変える必要があります。
仕事場の上司の結婚式に送る電報であれば、かしこまった言葉を利用して文章をつくるのが良いでしょう。
親しい友人や知人であれば、フランクな言葉で文章を書く方がより親しみを込めた電報になります。
このように、電報を送る際には多くのマナーを理解しておくことが重要です。